住宅ローン 審査

住宅ローンの審査とは

住宅ローンの審査は、何をするのでしょうか。ローンといえば、借り入れ金額が大きいローンの場合には、住宅ローンや車のローンの他にも教育ローンやリフォームローンなどがあります。旅行のためや結婚のためなどに、申し込みができるというローンもあります。ローンの内容によっても、審査に必要な書類や審査項目が違います。借入金額が大きい住宅ローンや、一本化ローンの場合は、申込者の信用能力が重視されます。審査では、返済できる人物像かどうかが、幾つかの観点から確認されます。数十年単位の年月をかけて、借りたお金を返し続けるようなローンもあります。返済途中で、借り手が借りたお金を返せなくなってしまわないように、金融会社としても申し込み者の経済状況や勤務先などを詳細に確認することになります。特に最近は不景気による影響で、倒産する会社が増えており、リストラになる可能性も高いため、ローンの審査が厳しくなっているという傾向があります。多くの人が、家を買う時には住宅ローンを使います。数千万円のお金をぽんと出せる人はごくわずかです。申し込み後の審査に通らなければ、住宅ローン融資は受けられません。審査に通らなければ融資を受けることはできませんので、家を買いたくでもお金がありません。仮に住宅ローンの審査をパスしなかった場合は、借入額を少なくしたり、完済までの期間を短縮するなどの条件変更が必要になります。

住宅ローンの事前審査を利用するとき

審査をクリアしなければローンは利用できないため、審査の申し込みをする時は緊張するものです。ローンの申し込みを初めてする場合に受けることのできる事前審査というものがあります。大まかな審査結果をあらかじめ知ることで、ローンに対する対策が立てられるという方法です。実際に申し込みをする前に、審査を受けた場合どんな結果が出るかがわかるというものです。申し込むかどうかは、審査がうまくいきそうな場合だけにしたいという人などに剥いています。審査本番でやることと同じことを事前審査では行いますが、正式な書類をつくって提出するなどの手間はかかりません。証明書がなくても審査を受けることができますが、かといって事実と異なる内容で事前審査を受けても参考になりません。結局、事前審査は本審査と同じ事を書いて出さなくては、審査に通るかどうかわからないわけですから、正直に記入する必要があります。雇用の形や、どんな会社で働いているか、働き初めてから何年が経過しているかなどで信用力が判断できるため、審査では重視されます。パートやアルバイトで働いている人でも、1カ所で何年も働いている人せなら、ローンの審査に通ることもあります。ローンを利用する時は、年収の3割以上を借りないようにすべきだといいます。変換負担率が高いと貸し倒れの危険性があります。ローンの審査に通らない理由は幾つかありますが、年収に占める借入金の割合が高いと、返済能力が乏しいと判断されがちです。

住宅ローンの本審査について

事前審査に通過すれば、住宅ローンの本審査にも通過する見込みがあるといいます。しかしながら、ローンの事前審査では通ったのに、本審査に落ちてしまったと言うケースも残念ながらあるようです。どんな理由で、実際の審査ではいい結果が出なかったのでしょうか。実は、事前の審査と、本番の審査は、審査を行う会社自体が異なっています。本番の審査がうまくいかなかった場合、両者の審査基準にわずかな差があったと考えられます。重い病気を抱えていないかなども、住宅ローンの審査に必要な項目であるとするローン会社もあるようです。数十年単位で、住宅ローンの返済は行わなければなりません。ローンの支払いが終了する前に健康状態が悪くなる事も考えられる為、持病がある人はローン審査に通らない場合もあります。審査の内容は、金融機関によって差があるようです。どの金融会社に融資の申し込みをすれば通る見こみが高いか知りたい場合は、事前審査を実際にいくつか受けることです。事前審査に通過した金融機関の中で最も金利が安く、貸付条件がいいところはどうかを確認した上で、本審査の申し込みをすることで、不測の事態を避けることができるでしょう。金利差や、手数料の割合は、ちょっとの違いも無視できません。住宅ローンで借り入れる金額は大きいので、審査の段階から慎重に検討して、不要な出費を減らすことが重要になります。

 

サイトマップ